#揖斐高校 #デュアル実習 #揖斐川庭石センター デュアル実習は揖斐高校のキャリア教育の一環として始まり、「働きながら学び、学びながら働くことにより、生徒を職業人に育てる人材育成」を目的の一つにしています。 実習を希望した生徒の能力や進路に合わせて学校と企業が連携し、社会性や実践的な技能の向上に取り組んでいます ということで、おじいさんが庭師で、その働く姿を小さい頃から見ていて、将来は#庭師 になりたいという思いから、実習先を揖斐郡内の企業でネットで探して、弊社を見つけて、お声がかかったという次第です。 若い子を弊社に入れることなど、これっぽっちも思っていなかったのですが、生徒さんが、自分で探してここならと思って接触してくれたことを思うと、これも使命!と考えを改めて、来てくれる子の明るい将来を迎えられるよう、教えてあげたいですね。 ちなみに、この子のおじいさんの庭師は、ウチのお客さんでしたw

宮川公一

揖斐川庭石センター 3代目 小学生の頃から、親の手伝いとして仕事を体験してきました。 中学・高校は、夏休みにアルバイトとして手伝って、そのお金で、好きなものを買ったとい体験が、この仕事を継ぐんだろうなあと、おぼろげに考え出しました。 大学卒業後、大手企業に就職したが、半年後辞めて、揖斐川庭石センターに入社。 時代が変わり、庭石を使う庭が急激に減っていき、売り上げも激減。 そんな中、1999年にWEBサイトをいち早く導入。 しかし、鳴かず飛ばず1過ぎていったが、10年くらい前から徐々に反響が出だし、今では、WEBサイト経由の仕事が大半を占めるようになった。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です